論文式試験専用記憶術 小野たかひと 効果

 

【論文式試験専用記憶術】を実践すれば、

司法試験、公認会計士試験、税理士試験、
不動産鑑定士試験、弁理士試験


などの試験勉強で、次のような悩みから解放されます。


★ 長く難解な定義や論証例を覚えられない。
★ いつまでたっても知識のインプットが終らない。
★ アウトプット勉強に時間がかかって、しんどい。
★ 予備校の授業についていけない。
★ 論文対策の勉強はモチベーションが続かない。



小野たかひと氏の【論文式試験専用記憶術】には、
これら全ての解決方法が示されています。



詳細はこちらをクリック


論文式試験の場合、択一式試験と同様な方法で勉強しようとすると、たいていはドツボにはまります。上記のような“悩み”を抱え、挫折してしまうのです。


実際、予備校のカリキュラムに最後までついて行ける人は、全体の半数もいないそうですね。これは勉強方法が間違っているからです。


特に、記憶法は要注意です。


論文式試験対策には、よくある記憶法のほとんどが役に立ちません。例えば、


■ 語呂合わせ記憶法
■ イメージ記憶法
■ 数字仮名置換法
■ 数字子音置換法
■ 片手指記憶法
■ 頭文字記憶法
■ マインドマップ記憶術


などが使えないのです。なぜなら、ややこしくて長い文章を大量に覚えなければならず、上記のような記憶法は向いていないからです。


そこで、お勧めなのが、小野たかひと氏の【論文式試験専用記憶術】。


この勉強法を取り入れると・・・


(1)難解な定義や論証例を数分で丸暗記できる。
(2)インプットが終らなくてもアウトプット練習できる。
(3)短時間(1問あたり10〜15分)でアウトプット練習できる。
(4)モチベーションの上げ方、集中力の高め方がわかる。
(5)予備校の授業について行くことができる。


こういったメリットが得られます。


実は、【論文式試験専用記憶術】のベースになっているのは、不動産鑑定士試験用の合格対策マニュアルです。


不動産鑑定士試験は、「日本一の暗記試験」と呼ばれるくらい暗記部分が厳しいんですね。その試験にも対処できる勉強法が、【論文式試験専用記憶術】なのです。


内容としては、


● 汎用的な記憶術
● 速読術
● 論文式試験専用記憶術


の3つを、映像とテキストで学ぶことができます。


こんな教材がもっと早く出てくれればよかった。
それが、個人的な感想です。



詳細はこちらをクリック




小野たかひと氏【論文式試験専用記憶術】の効果、特徴、感想などの情報を公開しています。司法試験、公認会計士試験、税理士試験、不動産鑑定士試験、弁理士試験などの論文対策に特化した記憶術&勉強法のノウハウです。




試験に受かるユダヤ式記憶術 松平勝男 口コミ


東大記憶法 吉永賢一 【90日で記憶マスターに!】